<< 防げたかもしれない | main | きょうの試合・・・いくら? >>
せっかく止めたのに・・・

 4月14日の『中日新聞』によりますと、
野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚が
13日夜の会合で、関西電力大飯(おおい)原発3,4号機の
安全性と必要性が確認できたとして、再稼働を認める方針を決めた
とのことです・・・

 「安全性」が確認できたとはどういう意味でしょう?

地震が起きなければ大丈夫ということでしょうか?
少しぐらい大きな地震が起きて、
少しぐらい大きな津波が来ても大丈夫という意味でしょうか?
「想定内」の地震、「想定内」の津波なら大丈夫ということでしょうか?

う〜ん、わからない・・・

福島の原発も「安全」だから稼働していたわけでしょ。
だけど、そうではありませんでした。

稼働して、仮に福島原発のようなことになったら、
再び「想定外」という言葉を用いるつもりでしょうか?

 「必要性」が確認できたとはどういう意味でしょう?
現在、大飯原発が稼働していない状況下において
電力不足が起きているのですか?

「夏になれば電力不足になる可能性がある」
ということが、「「必要性」が確認できたということなのでしょうか?

う〜ん、わからない・・・

福島原発の事故で甚大な被害を受け、
多くの人々が大きな苦悩や不安を背負っているイマ、
あれから一年ちょっとしか経っていないイマ、
原発を再稼働しようとして・・・

再稼働するのなら、早いほうがイイ(自分たちにとって都合が良い)と思っているのでしょうか?

う〜ん、わからない・・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村



(2012年4月14日)
名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、
中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の
東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。

カテゴリ:時事・社会問題 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokai-nagoya.jugem.jp/trackback/702
トラックバック
巨大地震に対して想定など勝手に決めるな!
東日本大震災以来、研究者が想定と言葉を使うが浜岡原発も最大21メートルの津波がを想定内で安心と言うが想定外の25メートルの津波が来たらどうする。
| 脳挫傷による見えない障害と闘いながら | 2012/04/26 5:07 PM |