<< 余ったのはイイことだけど・・・ | main | せっかく止めたのに・・・ >>
防げたかもしれない

 よくも毎年毎年、
こんなにも大きな交通事故が
起きるもんだという感じですが、

昨日の昼過ぎ、京都の祇園で
軽ワゴン車を運転していた30歳の男性が
横断歩道を渡っていた歩行者を次々とはねました。

ワゴン車はそのまま電柱に突っ込んで、
運転手を含め8人の方が亡くなり11人の方が負傷しました。(4月13日『中日新聞』より)

 う〜ん、ちょうど昨年の今ごろ
栃木県の鹿沼市で小学生の列に
クレーン車が突っ込んで6人の児童が亡くなる「事故」がありましたよね。
このときの運転手は事故時、てんかんを発症していました。

 今回のワゴン車の運転手もてんかん持ちで
薬を服用していたようです。
また、新聞によりますと、運転手の姉は
「弟にはてんかんの症状があり、
運転を控えるよう家族で話し合っていた」と話しているようです。

 特に被害者の人や被害者の関係者からすれば
「どうして運転を控えてくれなかったんだ」ということでしょうね。
無念だと思います。

被害者から見れば、起こるべくして起こったということで、
そうであるならば、もはや、交通事故ではありませんね。

 亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます


P.S.
運転しなきゃ、今回の「事故」はなかった。
お隣さん・・・打ち上げなきゃ「失敗」はなかったのに・・・。




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村



(2012年4月13日)
名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、
中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の
東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。

カテゴリ:事件・事故・災害 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック