<< あなたがあの時 | main | さあ、後半戦だ! >>
父との思い出
 早いですねえ、もう6月も終わりに近づいて来ました。
先週の日曜日は部分日食と夏至と「父の日」が重なりましたね。

 世のお父さ〜ん、先週はお子さんから何かプレゼントしてもらいましたかー?
おとうさん「はい!もらいましたーV
よかったですね。思わず涙ぐんでしまいますよね。感動

がっかり「何もしてもらってません」
そんなもんです、そんなもんです。
特に男の子はプレゼントなんかしなくて当然だと思ってください(笑)。

私事で恐縮ですが、僕も僕から直接父に手渡したプレゼントは
ほとんどありません。

物心つく頃から母には「母の日」などにプレゼントをあげていましたが、
父には仕事を持つようになってからもずっとあげていませんでした。
結婚を機に連れ合いを通して、やっと毎年、
気持ちばかりのプレゼントをするようになりました。

プレゼントをしなくても、お子さんはお父さんの背中をしっかり見ているものです。
無視しているわけではありませんよー。うれしい

 さて、今回のJUGEMくんのお題は・・・お父さんとの思い出おしえてください!

お父さんとの思い出ですか・・・

父は建設会社に勤めていて、僕が小中学生の頃、
日本は高度経済成長の真っただ中で、当然のことのように土曜日は休みではなく、
日曜日も出勤の日があって、父と休日を過ごしたことは多くありません。

 けど、記憶には鮮明に残っています。野球です。野球
国民的スターの長嶋茂雄選手とほぼ同世代の父、
当時、東京に住んでいたこともあってか、 大のジャイアンツファンで 巨人
たまの休日に後楽園球場(現東京ドーム)へ 何度か野球観戦に連れて行ってくれました。野球

あとは、これも当時人気があったプロレス観戦にも
連れて行ってもらった思い出があります。
ジャイアント馬場やアントニオ猪木が大活躍の時代です。
フリッツ・フォン・エリック、ボボ・ブラジルなんてレスラー、
知らない人も多いでしょうね。

 観るだけではなく、実際にキャッチボールをやってもらった思い出もあります。グローブ野球
当時、グローブが2つしかなくて、キャッチボールに弟も加わる時は
父は素手で僕たちのボールを受けてくれました。手ボール
軟球とはいえ、素手でボール捕る父に何かしら強さを感じたものでした。感動 コーヒー








人気ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村





(2020年6月28日 コーヒーブレイク Coffee Break) 名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、 中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の 東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。パソコン
カテゴリ:JUGEMのお題に答えて | 01:06 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする