<< もうすぐ春が・・・ | main | 重い一日にならないで >>
助詞一つで
 みなさーん、きょうは祝日ですが、 何の日ですか?
そうです、「建国記念の日」ですね。  

「日本の建国の日」は・・・

一般には「日本書紀」に記載がある、
初代天皇である神武天皇の即位の日を「建国の日」としているようですが、
異論を唱えている人もいるようです。

戦前は2月11日を「紀元節」と言い、やはり祝日の一つでした。

戦後、主権が天皇から国民に移り、紀元節は祝日から外れていた時期がありますが、
「建国を祝う日」として、1967年から「建国記念の日」として祝日にしているそうです。

「建国記念日」とするか「建国記念の日」にするかで、
天皇制を支持する政党と、そうではない政党との間で相当な議論があったようです。

「建国記念日」とすると「正にこの日に日本が誕生した」ことになりますね。

「建国記念の日」にすれば「(いつ日本が誕生したかはさておき)日本の誕生を記念して祝おう」
というニュアンスが出てくるわけです。

 「の」が入るか入らないかで意味が変わってくることはよくありますね。
例えば、「猫の舌」と言った場合、 猫の、あのザラザラしたピンク色の文字通り猫の「舌」ですが、
「の」をとって、「猫舌」と言った場合は、どうでしょう?
「猫舌」の一般的な意味は、 「熱いものを飲食することが苦手な人の体質」のことです。

もう一つ、猫でいきましょうか。
「猫の背」と言えば、やはり文字通り猫の「背中」です。
けど、「猫背」と言うと、「猫のように背中が丸まった人の背中」のことを言います。
じゅくちょーは、正に猫背なので、意識的に背筋を真っ直ぐに伸ばそうとしていますが
なかなか猫背がなおりません(笑)。

次は豚でいきますか。
「豚の足」を「豚足」と言えば、この場合読み方は「ぶたあし」ではなく、
「とんそく」ですが、豚足は食材ですね。

あとは、そうですね、
みなさんにピンときやすい例で言いますと「東京大学」と「東京の大学」。学校
助詞の大切さがわかりますね。コーヒー









人気ブログランキングへ



にほんブログ村





(2020年2月11日 コーヒーブレイク Coffee Break) 名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、 中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の 東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。パソコン
カテゴリ:ちょっと思ったこと | 01:55 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする