<< 気持ち新たにGO! | main | 好きな「袋麺・カップ麺」なに? >>
言語道断
 新学期が始まりましたね。
夏休みが終わり、二学期が始まる頃、
いじめなどが理由で子供たちの自死が多くなるそうです。

学校へ行くのが楽しいというのが理想でしょうが、
少なくとも学校へ行きたくなくなるような状況があるとしたら、
当然、改善しないといけません。

 さて、少し前の新聞記事からです。

7月17日『中日新聞』夕刊によりますと、
埼玉県所沢市の市立小学校で、学級担任の40代の男性教諭が4年生の男子児童に対し、
「窓から飛び降りろ」などの暴言を浴びせていたとのことです。

市教委によると、男性教諭は7月12日、下校前の集会の前後に、
教室内のトラブルに関わった男子児童に対し、
「(3階教室の)窓から飛び降りろ」、「明日からは学校に来るな」などと厳しい口調で迫り、
他の児童に対しては「明日からは(男子児童を除く)33人でやっていこう」と話したということです。

これは、ショックですよね。

「明日からは33人でやっていこう」などと聞かされた子、
かなりショックだったと思います。


 また、8月23日20時54分配信『読売新聞』によりますと、
福島県双葉町立双葉中学校で、50歳代の男性教諭が
英語の授業中にプリントを忘れた1年生の男子生徒に対し、
「そんなに忘れるならベランダから飛び降りろ」と発言したそうです。

 様々な指導法があるのでしょうが・・・ 

この先生たち、もし、もし、もしですよ、
この子たちが実際に飛び降りたら、どうするつもりだったのでしょう・・・。
飛び降りないという、絶対的な自信でもあったのでしょうか・・・。アイスコーヒー








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村 




(2017年9月4日 コーヒーブレイク Coffee Break) 名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、 中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の 東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。パソコン
カテゴリ:教育・受験 | 00:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 事実とだいぶ異なる報道だと広まっているのに、なぜ今さら???
| でりんじゃあ | 2017/09/06 12:04 AM |
でりんじゃあ様

コメントありがとうございます。
子どもと接する機会が多い私にとって、子どもたちの自殺ほど悲しく辛いニュースはありません。

子どもが学校へ行きたくない環境があり、それを改善できるのなら、改善することが重要だと思います。

実は僕が中学3年生の時にも「校舎から飛び降りろ」と発言した教師がいました。進学校を目指していた友人に模試の成績を返却する際、「こんな成績ではお前が行きたい高校に受からない。そこ(3階のベランダ)から飛び降りたら」。

励ますつもりで言ったのかもしれませんが、当人ではない私までショックを受けました。(自分も何かの時にそう言われるのではないか・・・)

つまり、教師の何気ない一言が大きく子どもを傷つけることがあることを今一度先生たちにわかってほしいという願いから、学校が始まる二学期の最初に自殺が多いと言われる故もあり、この時期に書きました。

報道とどの程度異なるかは定かではありませんが、一つ一つの発言に教師は責任を持ってほしいという思いを込めて、ニュースソースを明らかにした上で断言を避けたつもりです。今回の私の記事で不快な思いをさせたとしましたら、すみませんでした。


| じゅくちょー | 2017/09/06 10:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokai-nagoya.jugem.jp/trackback/2538
トラックバック