<< 困ったものです | main | 着実に一歩一歩 >>
大人げない
 多くの先生が子どもたちと真摯に向き合い、
理想の教育を追い求めている中、「???」な先生もいます。

前回、話題にした飲酒後、家庭訪問した先生もそうですが、今回も「???」。

 5月3日21:37配信『朝日デジタル』によりますと、
富山県小矢部市の市立小学校で、男子児童に担任の50代の女性教諭が
給食のおかずを無理やり食べさせ、嘔吐させたということです。困った

同市教育委員会の教育長は
「行きすぎた指導で、児童につらい思いをさせ、申し訳ない」
と話しているそうです。

教育長によると、今年1月30日の給食の時間に、
当時4年生の男子児童が嫌いなおかずを食べなかったため、
女性教諭がおかずを口に押し込むと、男子児童が嘔吐し、
さらに汚れた床も男子児童に掃除させたということです。

 う〜ん、教育長は「行きすぎた指導」と言っているようですが、
こんなの指導でしょうか・・・。

虐待か、いじめか、はたまた犯罪(強要)に該当するような行為だと思います。

 この先生の今回の行為は、
男子児童に「嫌いなおかずを食べられるにしてあげたい」
という思いからの行為にはとても思えません。

ここからは僕の想像ですが、だいたいこんな感じだったのではないでしょうか。

先生「〇〇くん、ピーマンや人参も食べなさい」
男子「いやだ」
先生「給食は残さずに食べるものよ。食べなさい」
男子「いやだ」
先生「どうして食べないの」
男子「だって、嫌いだもん」
先生「嫌いでも食べるの。食べなさい」
男子「いやだ」
先生「食べなさい!」
男子「いやだ!」
先生「『食べなさい』って言ってるでしょ!」

「嫌いなおかずを食べられるようにしてあげたい」という愛情ではなく、
こんな感じで自分の言うことを聞かないことに感情的になり、
暴力的に「食べさせた」ということなのではないでしょうか。

 こんなことをしてみたところで、
子どもにとって、心身のどちらにも栄養にはならないでしょう・・・。コーヒー







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村




(2017年5月31日 コーヒーブレイク Coffee Break)名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。パソコン
カテゴリ:教育・受験 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック