<< 疲れたら外の空気を吸って | main | ポケモン捕りがポケモンにならないようにね >>
忘れられないアニメ教えてください!!
 最近は歩きスマホをしている人を目にすると、
みんな、あの、例の、「ポケモンGO」をやっているように見えます(笑)。スマホ

今回のJUGEMくんのお題は・・・忘れられないアニメ教えてください!!

 じゅくちょーが子供の頃はスマホどころか、
パソコンもケータイもなかった時代ですから、
手っ取り早い娯楽と言えばテレビでした。テレビ

 さて、僕の場合、アニメで、真っ先に浮かぶのが『巨人の星』です。ボール
若いみなさんでもタイトルぐらいは聞いたことがあるのでは・・・。

『巨人の星』は一言で言うと、
主人公、星 飛雄馬(ほし ひゅうま)が
元ジャイアンツの選手、父一徹の教育を受け、
文字通り巨人のエースを目指して行き、
実現させるというアニメです。巨人

子供の頃、『巨人の星』が放映される日は、
朝からワクワク感がありました。感動

 当時の男児は、ちょっとした原っぱがあれば、
よく草野球をしたものでした。野球

で、投げたボールが打者のバットに偶然にも当たると
「大リーグボール1号!」野球野球V

大リーグボール1号とは、
『巨人の星』の中で星 飛雄馬が投げる魔球のことです。
打者の顔面近くにボールを投げるのです。
打者がよけた時のバットの位置を予測してボールを投げ、
バットにボールを当て内野ゴロで凡退させるという魔球です。

大リーグボールは3号まであり、
2号はいわゆる「消える魔球」で、ボールを地面すれすれに投げ、
ボールが巻き上げた土埃でボールを一瞬見えなくするというものです。びっくり

3号はソフトボールのように下手投げで投げる超スローボールで
打者がヒットやホームランを打とうと強振するとバットの風圧で
ボールがずれて空振りするというもの。

これも草野球でやりました。
下手投げで投げて相手が空振りすると、
「大リーグボール3号!」野球 V嬉しい

 あとは、ボクシングのアニメ『あしたのジョー』や
プロレスのアニメ『タイガーマスク』も毎週観ていました。ボクシング

なんか、どんどん思い出してきたぞ。電球

『黄金バット』、『ゲゲゲの鬼太郎』、『アタック癸院戞◆慄睨〇箸ぅ汽蝓次戞◆悗劼澆弔離▲奪海舛磴鵝戞◆慍物くん』、『おそ松くん』、『ハリスの旋風』、『スーパージェッター』、『宇宙少年ソラン』、『エイトマン』、『オバケのQ太郎』、『ジャングル大帝レオ』、『リボンの騎士』、『鉄腕アトム』・・・。

まだ、観ていたと思いますが、イマ思い出したのがこんなところです。
若いみなさん、この中で知ってるアニメありますかー?

あっ、そうそう、これもよく観ていたなあ、『サザエさん』。
『サザエさん』はイマも放映されていますね。
そう言えばカツオくんたち、全然年を取らないですねえ(笑)。

 こんなにアニメを観ていた僕。
子供の頃、ちゃんと勉強していたのだろうか・・・(笑)。アイスコーヒー









人気ブログランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村





(2016年8月3日 コーヒーブレイク Coffee Break) 名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、 中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の 東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。パソコン
カテゴリ:JUGEMのお題に答えて | 08:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
1つ挙げろと言われれば、あしたのジョーですかね。じゅくちょーさんも書いておられますが。
最終回で、ホセメンドーサとの試合で
真白に燃え尽きた・・・

どう見てもジョーはボクサーとして
リングで死んだ・・・

既にパンチドランカーだったジョーに
白木洋子が
リングに上がらないで。
好きなのよ、矢吹君・・・(出入り口のドアに立ち塞がる)

今想い起こしても涙が出ます。

スポ根という括りではあまりにも軽い。

アニメではありませんが、
東京在住時代に
極真空手の実況放送にゲストで出ていたマッハ文朱さんが
けがを押して試合に出た佐藤選手の姿に
「もう感無量です。」と涙を押さえていた姿もダブります。

| がちゃ | 2016/08/03 8:34 PM |
がちゃさん

コメント、ありがとうございます。

確かに『あしたのジョー』もよかったですね。


>スポ根という括りではあまりにも軽い

全く同感です。


また、いつでもお立ち寄りください。^^
| じゅくちょー | 2016/08/04 7:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokai-nagoya.jugem.jp/trackback/2268
トラックバック