<< 最近食べておいしかったもの、何? | main | 大掃除!あなたは物を捨てられる人?捨てられない人? >>
よくわかります
 本日の話は美談ではありますが、発端はあまりビューティフルではありません(笑)。

いらっしゃらないとは思いますが、食事をしながらこのブログをお読みの方は、
ここで一旦読むのを中断して、食べ終わってから読んでください。

 さて、12月18日6時52分配信『朝日新聞デジタル』によりますと、
名古屋市在住の50〜60代の男性タクシー運転手が、
ある日、犬山市内を走行中、便意をもよおし、
見つけた公園で駆け込んだトイレに紙が備わっており、
ほっとしたということです。ほっ

この男性はトイレに紙が備わっていたお礼にと
犬山市にトイレットペーパー1千個(3万円相当)の寄付をしたということです。
1千個のトイレットペーパーは今月上旬、市指定の納入業者を通じて市に届いたそうです。感動

男性「切羽詰まっている時で『助かったあ』と思った。ぜひ公園トイレで有効活用を」と。

市公園緑地課の担当者は「トイレットペーパーの寄付は聞いたことがない」としつつも、
「こんなに感謝してもらえるとは」と喜んだそうです。うれしい

 駆け込んだトイレに紙が備わっている時の安堵感、よくわかります。
ビューティフルな話ではなく恐縮ですが、僕も1,2年に1回ぐらいは
公園であろうと、駅であろうと、コンビニであろうと、
とにかく最寄りのトイレに駆け込まないといけない状況になることがあります。

「小」はある程度融通が利くと言いますか、
想定外の急激な尿意というのは僕の場合ありません。

ところが「大」の場合、
「イマ、このお腹具合なら、家まで十分もつな」と思っていたら、
状況が一転、「うん?なんか、ヤバい!」、便意が稲妻のようにやって来て、汗
どこかのトイレに駆け込まないといけないことが、これまでに何度となくありました。
平均すると1,2年に1回ぐらいでしょうか、僕の場合。トイレトイレ

そんな時、トイレットペーパーが備わっていると、ホント、ホッとします。ほっ
僕は場合、1回のトイレットペーパーの消費は多いほう
(特にトイレに駆け込まなければならない状況の時は)
ですので、ポケットティシュでは不安です。

駆け込んだトイレに十分な紙が備わっていた時の安堵感、よくわかります。
ただ、僕は、この男性のようにトイレットペーパーが寄付できるほど
奇特な人間ではありませんが・・・(笑)。コーヒー






人気ブログランキングへ


にほんブログ村




(2015年12月18日 コーヒーブレイク Coffee Break) 名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、 中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の 東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。パソコン
カテゴリ:その他 | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック