<< 「癖」、ありますか? | main | 最近食べておいしかったもの、何? >>
密室で20分(どんなに怖かったことか・・・)
 酷い先生がいるものです。

12月15日19時56分配信『日本テレビ系(NNN)』によりますと、
愛媛県松山市の中学校で40代の男性教師が中学1年の男子生徒に
暴行を加えていたことがわかりました。

男子生徒が10日の放課後、教室で友人とふざけていたという理由で
担任の教師は男子生徒の頬をつかんだ状態でトイレに連れていき、
カギを閉めた上で「殺してやろうか。耳を聞こえんようにしてやろうか」
などの言葉を浴びせ、頭突きやビンタなど暴行は約20分にわたり続けられたということです。

担任から暴行を受けた直後に母親が撮影したとする写真には、
男子生徒の腫れ上がった左の頬と爪が食い込んだような跡が何か所か見られました。

 学校側が生徒宅へ謝罪に来た際、母親がその時の会話を録音していて・・・

担任教師の言い訳の言葉は
「僕は(男性生徒が)大好きです」
「これまでの半年の人間関係があると思っとったんで、甘えとったんですよ。すいません」
「男同士であったりとか勝手に思ってた。申し訳ありません」
というものでした。

よくわからない釈明ですが、要は
「この子のことが好きだし、信頼関係があったから、愛の鞭のつもりでした」
とでも言いたかったのでしょうか・・・。

実際のところ、愛の鞭や体罰といった次元を遥かに超えた行為ですね、明らかに。

僕は体罰には賛成しませんが、仮に体罰が許されるとしても、
せいぜい、一瞬「痛っ!」と感じさせる程度で短時間で終わり、
怪我をさせないということが絶対条件でしょう。

この生徒は、顔面打撲や頭部打撲で、2週間の治療が必要だと診断されたそうです。
それにもまして精神的ショックの方が大きいかもしれません。
特に若い頃の心の傷はずっと残る可能性が大きいと思います。

担任教師の密室20分の行為が、一人の子どもに
生涯完全には癒えることのない心の傷を負わせたと言えるかもしれません。
この子の心の傷が少しでも癒えることをお祈りするばかりです。コーヒー







人気ブログランキングへ


にほんブログ村




(2015年12月18日 コーヒーブレイク Coffee Break) 名古屋市瑞穂区にある小学生・中学生・高校生・高卒生対象の少人数制の塾で、 中学受験・高校受験・大学受験から補習まで(個別クラスも設置しています)対応の 東海学習塾堀田教室(熱田区・昭和区・南区に隣接しています)がお送りしました。パソコン
カテゴリ:教育・受験 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック